LOADING

EFFORTS 薬局の取り組み

DISPENSING REGIME

安心・安全な調剤体制

ネットワークを利用した効率的な調剤システム、それに併せて過誤防止システム、散剤鑑査システム、電子薬歴管理システム、そして無菌製剤室など常に最新のシステムを導入し医療安全の確保と調剤業務の最適化を目指しております。
また、各店舗10名以上の薬剤師が在勤しているため調剤した当人がチェックするような一人調剤は決して行いません。

錠剤用全自動分包機

数種類の錠剤やカプセルを服用時点ごとに分けて袋詰めすることができます。その際には、小分けした袋それぞれに『患者氏名』と『用法』を印字し、医師の指示通りに患者様が薬を適切に飲めるように致します。

錠剤監査支援システム

一包化された錠剤を一包毎にカメラで撮影し記録します。同時に登録された処方内容、薬品情報と照合し、薬の種類、数、錠剤の欠けや割れ、異物混入などシステムが監査します。これにより薬剤師の監査の支援を行い、負担軽減とともにエラーのない安全な調剤を実現しています。

散剤用鑑査システム

出力された調剤結果をバーコードで読み取らせ、処方を特定し選択エラーを防止するシステムです。散剤鑑査システムで秤量された薬剤は用法単位で調剤結果が出力されます。

過誤防止システム

薬品毎にバーコードで紐づけ登録して他剤の調剤エラーと重点エラーを防止するシステムです。

無菌調剤室(グループ共同利用)

特に調剤・製剤分野においては高カロリー輸液等の無菌調剤・製剤作業に無塵・無菌装置が必要不可欠の条件です。無菌調剤室はあい薬局に設備しております。

電子薬歴管理システム

必要なお薬の情報や質問に即答できるように電子薬歴システムを導入しております。前回処方との比較、重複・相互作用の鑑査、過去処方内容の検索、添付文書の確認などが行えます。

i-Number-Cloud

発行されるQRコードを患者様がスマートフォンで読むだけで、離れた所でもお薬のできあがりをご確認いただけます。お薬ができあがるまでのお時間を有効にお使いいただけます。

サーモグラフィー

一般的なサーモグラフィカメラと違い、様々な顔の情報から、総合的に温度を検知するので、高精度な温度検知を可能にしています。また、マスクを着用したまま非接触・無人でスムーズに検知ができます。

その他の機材

錠剤を半分にカットする機械、軟膏を混ぜ合わせる機械を用い、患者様により安全にお薬を提供することができます。

REGIONAL PHARMACY

地域の薬局として

在宅訪問サービス

ハートフルグループでは、薬剤師訪問サービス(在宅医療)にも力を入れております。
在宅医療の経験を積んだ薬剤師が、患者様のご自宅や老人ホームなどの入居先を訪問し、服薬指導、健康相談、薬の飲み合わせなどのチェックなどを行います。
飲み忘れてしまったお薬の整理や飲み忘れを予防するための管理方法の提案など、安心してお薬を続けられるよう生活面から患者様をサポートいたします。
当グループでは様々な医療用麻薬の取り扱いはもちろんの事、グループ共有の無菌調剤室を所有しており、輸液の調整など幅広い医療に対応しております。
またケアマネージャーや医師・看護師など多職種と連携し、チーム医療を通じて地域の皆様の健康を支援いたします。
現在は通院しているが、身体が不自由で薬局に薬を受け取りに行くのが大変・自宅で薬がうまく管理できていないなどの心配事がある方は、遠慮なく薬剤師までご相談下さい。

OTC医薬品・介護用品の取り扱い

当薬局は地域に根付いた薬局を目指し、処方せん無しでも購入できるお薬(OTC 医薬品)や健康食品・介護用品も多数取り扱っております。
専門知識を持った薬剤師が皆様の健康維持・増進を支援するため、既往歴・併用薬を考慮し、その方に一番適したOTC 医薬品を提供いたします。お薬に関する相談はもちろん、介護用品などに関するご相談にも応じております。

研修・勉強会

患者様に最新の情報を提供し、安心してお薬を服用していただけるよう定期的に研修会・勉強会を開催しております。
ワークショップなど通じてケーススタディを学ぶグループ合同勉強会や各店舗に製薬メーカー招いて新薬の勉強会など開催しております。
社外研修として日本薬剤師会学術大会、地域薬剤師会勉強会などにも参画し、最新情報を学ぶだけでなく、発表者として情報発信も行っております。
また薬のことだけではなく全従業員を対象とした接遇講習や意見交換会なども行っております。
昨今ではzoom 等を用いたオンライン勉強会も開催しており、今まで参加が難しかったパート従業員も参加できるような工夫もしております。

その他の地域活動

ハートフルグループでは、健康を支援する窓口薬局として、地域の方々に対して何ができるのかを常に考えています。たとえば北野調剤薬局高尾店では定期的に健康カフェを行い、リラックスした雰囲気の中でお薬に関する相談を受けたり、情報提供を行なったりしています。また、地域イベントでは「お菓子で薬局体験」というお薬の代わりにお菓子を使って薬剤師の仕事を疑似体験できるワークショップを開催したりしています。このワークショップでは、薬剤師役のお子様が、最後に患者様役の大人にお薬を提供するシーンで服薬指導を行なってもらっています。実はこのシーンで、お子様に対しても「薬の誤飲をしない」親御さんに対しても、「薬の管理をしっかりする」というメッセージを同時に送ることも目的としています。このような取り組みの中で地域の方が安心して暮らせる社会、究極的には、健康で豊かな生活を送ってもらいたいと考えています。